お肌のケアのためなら、顔を洗うときには

  • HOME
  • お肌のケアのためなら、顔を洗うときには

お肌のケアのためなら、顔を洗うときには

お肌のケアのためなら、顔を洗うときには見落としがちな髪の毛との境界線などの部分まで、しっかりと洗い流しましょう。
すすぎ終えたら、タオルをやさしく押さえ当てるようにして水分をぬぐいさります。


必ず、ゴシゴシと拭いたりするのは辞めてちょーだいね。

当たり前ですが、タオルは清潔であることが、望まれます。
吹き出物が発生すると良くなってもニキビの跡が残ることが多々あります。

悩めるニキビ跡を除くには、赤みがあるニキビ跡にはビタミンCを配合した美容液や化粧水を利用して、色素が沈着したニキビ跡にはピーリングジェルが効果が期待できます。乾燥肌のため、スキンケアにオイルを使うことにしています。オイルを使用してマッサージをしたり、オイルを配合したパックを使ったり、さらに、クリームの替りに普段からオイルを使用することにしているので、乾燥とは無縁の肌になりました。いつも潤いのある肌になれて大変嬉しいです。

顔や手などのシミは、一度できてしまうと簡単には消せないと多くの方が思っているようですが、それはあくまで、家庭でのスキンケアに限った話です。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をして貰えばすぐにでも美肌になることができます。

当然、費用も必要ですし治療後のお手入れがかかせませんが、シミと言うコンプレックスを持ち続けてしまうよりは治療を受けてみるのも、一つの解決策であると思います。

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だと言うことは充分わかっているつもりです。それなのに、ついつい力いっぱいごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。


兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それができたら完璧なのですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。



シワの原因をご存知でしょうか。
これはいくつもあるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚表面のシワが増えて行く事になります。

目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは乾燥の影響を受けやすくなっており、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン(動物にとっては、建物でいえば骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)、ヒアルロン酸、これらはどんどん減っていく一方となるため、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。



肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。。。



アラフォーってそんな感じですよね。
個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるからでしょう。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。


でも、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、復活がダメだった!と言う、ひたすらブルーな朝も多くなりました。自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)です。



日進月歩で美容テクノロジーは進歩しており、肌のシミも消してしまえる技術があります。
シミを消すにはどんな方法があるかといえば市販のシミを改善するためのアイテムを使うことによってシミに与える効果を試すと言う選択、、美容クリニックでシミを消すコースを受けるやり方の二つの方法があります。
かかる金銭的、または、時間的負担を考慮して、自分に適した方法でお肌のシミの改善を行ないましょう。


お肌のシミ対策の一つとして、パックが挙げられます。保湿は持ちろん、美白に有効な成分がたくさん配合されたフェイスパックをすることで、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、透き通るような肌にしてくれるでしょう。


つい日焼けした時にはとても効果的で、その日すぐにきちんとケアしたら、シミが予防できます。


毛穴の引き締めのために収れん化粧水を使ってケアを行う方もいますね。皮脂分泌をしっかりと抑えてくれて爽快感もあったりするので、とくに汗をかく夏には助かるアイテムです。

使うタイミングは洗顔後に通常の化粧水、乳液を塗ってから、その後にもう一度これを使うようにします。コットンにふんだんにとって、下方むから上方向に向けて丁寧にパッティングを行ないましょう。
Copyright (C) 2014 コスメ女子の日記帳ぶろぐ All Rights Reserved.

Page Top